クリニックでの女子男性型脱毛症の治療内容

女性の場合、実はホルモンバランスの乱れや同じ髪型を続けることなどによっておこる薄毛が多いといます。しかし、実は男性と同様に男性ホルモン型の薄毛であるAGAも起こります。

この場合には、FAGAと言われて男性と同様に頭頂部や前頭部の毛が細くなったり抜けてしまうということが起こります。

このような場合にはどのような治療を行うかというと、やはり男性型脱毛症であるAGAと同様の治療が行われますが、唯一異なるのがフィナステリドを使用した治療は行わないということになります。

実はこのフィナステリドは女性には使ってはいけない医薬品の一つで、特に妊娠中の女性や妊娠を希望する女性は触ることもおすすめできないと言われている医薬品です。

理由としては、妊娠中の胎児がもし男児の場合いは、生殖器に異常を起こしてしまう危険性がある医薬品だらかなんです。

女性のFAGAの場合には、まずヘアサイクルを正常に戻すこと、同時にホルモンバランスの乱れを整えるといった治療が平行されることもあります。